ユウキャンの広告で、褒められたい人、っていう設定がありますね。なかなか褒めてもらえない、というのは、苦しいことなのでしょうか。
いえね、別に子供のことじゃないんです。80歳の女性のことなんです。基本的にいい人なのですが、嘘を平気でついたり急にご機嫌がわるくなったりするんです。一緒に暮らす娘さんが困ってます。
認知症などまるでなくて、地域の世話役をしたり孫のために料理したり、元気いっぱいなんです。ところが実の娘に不満タラタラで「私のお金を使う」とか、「家事全部させられる」など、不満を世間に言いまくるのですね。
娘さんも働いているので、昼間の家事は母親任せですが、こまごまやってるし、買い物も仕事帰りにするし。「何が不満だろう」と。で、いろいろ考えて見ると、その人、褒められたいのじゃないですかね。
何かやって親子で「あ、有難う」なんて、ほとんど言いませんよね。でも、言ってほしいのじゃないかしら。つまり自分の存在意義を、相手がしっかり解かってくれている、という確かめ。そんなもの、いまさら親子でいるかー、と思うけど。
でも、その母親は何かにつけて自己アピールがすごいし、人の話は横取りするし、なんか自分を意識して欲しい感じ。それ、初めからじゃなくて、近頃そうなりましたね。つまり、年老いていく自分に焦りを感じて、まだ若い娘に嫉妬してるかも。
娘ももう50ですけど、80の母からしたら眩しいのかも知れないですね。いやー一口に年寄りって言うけど、ほんとに千差万別です。一括りにはできません。もっと年寄りの心理を研究して欲しいですね。自分でやる方法